タイランドへの旅は、マインドフルネスへの旅 ~はじまりのはじまり~

プラムビレッジ

“心おだやかに暮らすこと”を

モットーに日々精進しているなおこです。

 

人生初のタイランドへの渡航。

帰国して、やがてひと月半。。。

このひと月半、ブログも止まり・・・

自分の内側から湧き上がってくる感情と向き合い、味わいつくしておりました。

やっと、言葉にしてみよう!と思えるように(*^^*)

今日は、序論です。

何かに突き動かされて

どなたでも、大なり小なり「何かに突き動かされて、行動にいたる」という経験をしたことがあるのではないでしょうか(*’▽’)

私のこれまでの人生でも、たびたびあるんです(*^_^*)

  • 学生時代、県外での研修に参加した時
  • 教師になることを目指し必死に勉強した時
  • 結婚を決めた時
  • 我が子3人を夫と母親にあずけ、ひとり、旅に出た時
  • 教師を退職すると決めた時… etc

 

理屈ではなく、計算でもなく

フッととそうしなくては…

という想いが湧きあがってくる。。。

2019年に9月下旬に

またまた、それは、やってきた(*”▽”)

タイ・プラムビレッジに行きたい!

行かなくては!!

という想い。。。

 

そして

数々の難関・難題を乗り越えて、年末年始にタイ・プラムビレッジでおこなわれる「2019/2020 ホリデーリトリート」に参加することができました。

「タイ・プラムビレッジ」ってなに?

その前に・・・

ティク・ナット・ハン氏について

ティク・ナット・ハン氏は、ベトナム生まれの禅僧で、詩人、学者、人権活動家。キング牧師によりノーベル平和賞候補に推挙された方。

仏教の教えとインドフルネスの実践をわかりやすく説くことで広く知られています。

プラムビレッジ

ティク・ナット・ハン氏が、フランスのプラムビレッジ、アメリカ、ドイツなど各地にリトリートセンターを設けました。

その中の1つがタイ・プラムビレッジです。

この世に天国・浄土があった!

で、行ってみて、どうだった?

帰国して、色んな人に聞かれた質問(*^_^*)

「沢山の気づきや学びがあった。」

そんな簡単な言葉では、足りない。

・・・☆・・・☆・・・☆・・・

聞かれても、言葉に表すことができない。

言葉にすることが勿体なくて、説明できなくなってしまう自分がいました。

で、どうだったのか?

一言で言うと、

「この世に天国・浄土があった!」

「桃源郷のような世界」という人もいます。

安心・安全に守られ、世界平和がここに…あった!

という感覚になりました。

 

この目で見ました!

身体と心で感じました!

平和な音・響きを聞きました!

平和な仲間がいました!

皆、何もかもが繋がっていたのです!

心の深いところで、変容が起こった!

教育カウンセラー協会で推進しているSGE(構成的グループエンカウンター)の宿泊研修のような、心の深~い所に触れるプログラムを受けたような感覚。

いや、それを更に上回る変容が、心の奥深いところで、うごめいていました。

あえて、蓋をしていた事柄に対して

初めて、涙があふれ出すことも・・・

やっと、現状の不安心配事に対し理解し、受け入れることができた瞬間を味わうことができました。

具体的にオープンにしていい内容のみ

今後、このブログに書いていくことにしたいと思います。

今日は、どのような形でもいいから、言葉にし始めようと動き始めました。

さいごに

これから、少しずつ、気づきや心の奥深い部分での変容、感じたことなどを言語化していきたいと思います。

ゆっくり

ゆっくり

心の整理をしながら、自分軸を太く、どっしりとするために・・・

そして、私の気づきが誰かのお役に立てることを願って・・・

タイ・プラムビレッジ

 

タイプラムビレッジに行くまでに、様々な手続きやサポートをしていただいた、名古屋サンガの竹中様

タイ・プラムビレッジにいらっしゃるブラザーサンライト様

日本語通訳をしてくださったサポーターの皆様

取りまとめ役をしていただいた市毛様

ご一緒できた仲間の皆様

本当にありがとうございました<(_ _)>

心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です