学級経営の土台① ~信頼関係づくり・子どもの捉え方~

信頼関係づくり 子ども

いかがお過ごしですか~(*^^*)

悩める先生方のサポーター、なおこです✨

 

学級経営は、先生と子ども達との信頼関係の上に成り立つものというようなことは、多くの方が言われています。

では、どうやって子どもとの信頼関係を築いていけば良いのでしょうか。

ここでは、27ヵ年の教員経験や心理学研修を積み重ね、実践して上手くいった視点や方法を書いています。

子どもの捉え方

信頼関係づくり 子ども

①ある面、先生より大人です!

子どもは、考えてないようで、ものすごく考えて行動してたりします(*^^*)

びっくりするほど、大人の様子や動きを敏感に察知し、読んでいます。

先生の心を感じて、先生の心を読んで行動することもあります。

だから、子どもは、「子どもから、学ぼうとする先先」を信頼していきます。

目の前の子ども達、一人ひとりをじっくりと観て、先生も子どもの心を感じてみて下さい。

小さな大人たちから、学ぶこと満載です!

②人格をもった一人の人間です!

頭ごなしに叱らないでください。(子ども達からの代弁)

頭ごなしに、命令しないでください。(子ども達からの代弁)

子どもは、ロボットではありません。

  • 何かしてほしいなら、理由を伝えてほしい。
  • 子どもの考えも聴いてほしい。

子どもは、自分の人格を尊重してくれる先生が大好きです!

信頼関係づくり 子ども

③子どもは、天才です!

先生が、考えもしなかったアイディアを考え出したりします。(*^^*)

子どもの脳には、まだ、固定概念が植え付けられていないので、自由な発想が湧いてきます。

その発想力を聴いて、認めてあげる場面が沢山あると、子どもの承認欲求が満たされ、子どもの心は、満たされていきます。

子どもは、子どもの天才力を認めてくれる先生に一目おきます。

④子どもは、絶対の輝きをもっています!

「みんな違って みんないい」と言われながら、違うことをすると、怒られるので、子どもは困っています(*”▽”)

「みんな違う」ということの捉え方が深くて難しいところですね。

みんな、それぞれ、素晴らしい能力をもっています!

その能力を発見し、導いてあげることは、教師の仕事の最大なる魅力かもしれません!

小さなことでいいのです。

  • 絵が上手
  • 運動能力が高い
  • 気が利く
  • 生き物に優しい
  • 掃除を黙々としている
  • 自分の考えが言える
  • 人の心を感じる能力が高い
  • 好奇心旺盛

あげればきりがないほど…

子どもは、それぞれの能力に、心の底から感動してくれる人のことを信頼していきます。

子どもの個性

⑤ある面、子どもです…(-。-)y-゜゜゜

そうは言っても、子どもは子どもです(*^^*)

時には、わがままを言ったり、

羽目を外したり

喧嘩になったり

ルールを破ったり

そこからの学びが大きいので、できるだけ、話を聴いてあげる時間をとり、一人の大人である先生の考えを伝えながら、一緒に解決策を導き出していくのが理想。

ですが!!

「そんなこと、やってられるかぁー!」という怒りの声が聞こえてきそう(>_<)💦

学校集団の中では、時間の制約があり、学習内容のノルマがあり、ホントに忙しい!

先生方は、常にフル回転で仕事をしていて追いつかないほどの仕事量!

それが、現状です!

そんな時は、深呼吸です!

深く大きな呼吸をするだけで、自分の心に少しばかり、ゆとりが出ます!

先生自身が、間をとって対応する習慣が身に付くといいですね。

子ども達は、冷静な対応をしてくださりながら、リーダーシップを発揮していく先生に対して、尊敬・信頼感を増していくことになります。

信頼関係づくり 子ども

まとめ

子どもをみる視点を少し、変えてみるだけでも、子どもとの関係が良くなっていきます。

まずは、「今、子どもの出来ている部分、得意なこと」に焦点をあてて、声かけすることから、始めてみませんか~?!

子どもの心をグッと掴み、信頼関係を築いていけると~思いますよ🎶\(^o^)/

 

。*・。*・。*・。*・。*・。*。*・。*・。

学級経営(主に小学校)に関して

お困りのときは

お気軽にお問合せください(^_^)/~

私が待ってま~す\(^o^)/

カウンセリング スペース ガーデン こちらから▷

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です