【パニック発作克服】発作経験後、出来なくなってしまったこと⇒1年後の状態

ある日、突然やってきたパニック発作。

どうしたらいいのか、わからず…

あの手この手を試し、パニック発作の対処法を模索していきました。

情報が欲しかった

そして

情報に助けられました

もしかしたら、体験談(事例)は、多い方がいいのかもしれない

この経験が誰かの役に立つかもしれない…そんな想いで書いています。

心身の症状

私の場合、心身の症状として、こんな風になりました。

  • 夜眠れず、何度も起きる
  • 深夜胃の痛みで目が覚める
  • 昼間、突然、胸の圧迫感に襲われる
  • 呼吸が普通にできない。息が吸えない、吐けない感覚になる
  • 胸をギュッと掴まれたような感覚が何度も繰り返す
  • 落ち着かない
  • 身体(頭のてっぺん)から魂が抜けそうになる感覚になる

発作経験後、できなくなってしまったこと⇒1年後の状態

  • 昼夜問わず、眠れない⇒眠剤なしで眠れる
  • 食欲が落ちる⇒一日3食しっかり摂れる
  • 車の運転ができない⇒長距離運転もできる
  • 飛行機に乗れない⇒飛行機に乗れる
  • 人の話を聴くことができない(悩みや愚痴を聞くことができない)⇒会話もスムーズ・人の話が聴ける
  • 映画館で映画を観ることができない(大きな音で心臓に響き痛みとなる)⇒映画館で映画をみることができる
  • お笑い新喜劇の会場でも心臓に圧迫を感じ、上の空⇒試していない為、わからない
  • 入浴もおっくうになる⇒普通に入浴できる
  • 本が読めない⇒元の読書大好きに戻っている。本が読める
  • テレビが観れない⇒テレビが観れる
  • DVDも観れない⇒DVDも観れる
  • ガーデニングができない(土を触る気持ちがわかない)⇒ガーデニングができる(花・野菜を育てている)
  • 笑えない⇒笑える

現在も気を付けていること

  • 無理をしない(充電期間中と思う)
  • 出来るだけ外に出る(買い物・ドライブ・友達や家族と会う・散歩・庭の手入れ)
  • 市販のフリスクを持ち歩く。少しでも呼吸に違和感を覚えたら、フリスクを食べる
  • 生活リズムを整える
  • 3食しっかり食べる
  • マインドフルネスの呼吸法を一日に何度も取り入れる

さいごに

1年前は、普段の生活ができるようになるとは、思えませんでした。でも、今では、普段の生活ができるようになり、やりたいことにもチャレンジできるようになった私がいます。

何故、キツイ状態を脱することができたのか・・・

一番は、心の繋がりだったと思います。

私には、ホントに有り難いことに、心の深いところで繋がっている、家族、親、兄弟、友人、がいました。

ありのままの自分を受け止めてくれる人がいるだけで、安心することができました。

まずは、人に頼ることができたということ

次に、自分で行動していったということが

良かったのではないかと思います。

行動できるようになってからは、新しい出逢いが沢山ありました。

出逢えた方々にも、勇気づけられ、私の支えとなりました。

ホントにありがたいことです。

ですが、

今でも、「焦らず、無理せず、よんな~よんな~」がモットーです(*^^*)

具体的に何をしたから良くなっていったのかは、また、別の日に、振り返りまとめたいと思います。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です