【心ほっこりエピソード】小学1年生との会話「日直」

小学1年生の担任をしていた頃のエピソードです。

小学1年生の4月は、殆どの子が緊張し、期待と不安な気持ちで登校していることと思います。

幼稚園までとは、違い、新しいお友達、初めての教科授業、初めての給食当番、お掃除当番、初めてずくし・・・

学校生活に慣れてきた4月下旬頃の帰りの会でのお話です。

 

担任:「今日まで、先生がやってきた日直のお仕事を明日からは、皆さんにやってもらいます。」

「日直さんのお仕事は、朝の会の司会や、帰りの会の司会、授業の初めと終わりの挨拶の号令をかけることです。」

子ども達は、何でも新鮮に感じているので、目がキラキラ。やる気に満ち溢れています。

そんなやる気に満ち溢れた一人の男の子から

子供:「せんせーい!じゃあ、いっちょく、さんちょく、よんちょくは?」

担任:「・・・???」(ナヌ?)

暫くの間、何を聞かれているのか理解できずに、考え込んでしまいました。

その子の目を見つめ、

担任:「ごめんなさい。先生、何聞かれてるのか、わからない・・・(≧◇≦)」

子供:「だって、先生、にっちょくがあるなら、いっちょく、さんちょくもあるでしょ?」

 

あ’’っ! (゚д゚)!

 

謎が解けた私は、心が和むと共に、この子の思考・発想に驚きを隠せませんでした。

面白い!オモシロすぎる~!

数字を習ったばかりのこの子の日直のイメージは、

「2ちょく」だったのです

2があるなら

「1ちょく」「3ちょく」は、何をするのだろうとやる気満々の質問だったのです・・・(*^^*)

 

子供の思考って、大人からは想像もできないような視点を持っています。

その純粋な思考・発想を大切にしてあげたい!と思う日々でした。

子ども達の会話を聞くと、ついつい笑顔になってしまいます。

面白いユニークな会話してますよ~(^^♪

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です