癒しのはるむい造り

沖縄やんばるでゆったり暮らしている

ハルサー兼、心のサポーターなおこです。

 

15年近く使われていなかった農地を

「癒しのはるむい」にしていくチャレンジをしています。

その経緯と構想を書いています(*^^*)

鬱から回復できるとしたら

33歳の頃、過敏性腸症候群で入院し、入院中から抑鬱状態になり

心療内科のある病院へ転院した。

長男9歳、次男5歳、三男1歳だった。

その時の経験が、その後の教育や生き方に大きく影響しています。

そして、その時に抱いていた想い。

もし、自分がこの状態から回復することができるなら、同じように苦しんでいる方々の力になるようなことをする!

そう決めてから、もうすぐ20年。

この間は、教育者として子ども達や保護者の方々に生かせる、カウンセリングの理論や技法を学び実践し続けた。

全て上手くいっていた3年前、早期退職を決意。

人生の次のステップに進むために。

まずは

  • 家族のために時間を使う
  • 自分を癒すために時間を使う

そして

やりたいことは、全てやる!との思いから、色んなことにわくわくチャレンジしていった。

そんな折、「はるむい」&「はるむいの師匠」と出逢うことに・・・

むい自然農園

益田航さんがはぐくんでいる【むい自然農園】

はるむいとは?

「はるむい」とは、畑の師匠のわたるんこと益田航さんがあみだした言葉。

「はる」とは、沖縄の方言で「畑」

「むい」とは、沖縄の方言で「森」のこと

森の畑のことを「はるむい」と名付けたとのこと。

はるむい(森の畑)とは

  • 自然栽培(自然農法)
  • 固定種・在来種の自家採種
  • アグロフォレストリー(森林農法)
  • 大地の再生
  • ねじねじ(エネルギースイッチ)
  • 根っこワーク(微生物ネットワーク)
  • バイオダイナミック農法(シュタイナー)
  • 静電三法・イヤシロチ(カタカムナ)などなど

先人たちの様々な叡智を取り入れながら

地球の調和の仲間に入れてもらう農のかたちであり、生き方です

引用:はるむいアートスクール資料

はるむい(森の畑)について▷

はるむいアートスクール

むい自然農園

益田航さんがはぐくんでいる【むい自然農園】

土のもつエネルギー

土から得られるエネルギーは、計り知れない。

  • 精神的な病からの回復。
  • ストレスから解放してくれる。

それは、これまでの経験から実感したこと。

下記に簡単に記します。

関連記事

3ページめに畑のことが書かれてます。

「自殺をしない、させない」坂口恭平が〈いのっちの電話〉で2万人の声を聴く理由▷

Yahoo!ニュースより

不登校回復

息子が中学生だったある日

帰宅後に

「なぜ生きているのかわからなくなった」

と呟いた。その翌日から学校を休むことに。

休んで何がしたいか訊ねると

「おじいちゃんの畑に行きたい」と言う。

彼は、その日から父の畑に通うことになる。

畑の作業を手伝い、土に触れることで、生きるエネルギーを取り戻していった。

パニック発作回復

息を吸っても、肺に入っていかない。

深呼吸ができない。

恐怖との闘いの日々。

3年前の私の症状です。

極度のストレスを感じ、不眠になり通院。

そんな症状から抜け出せたのも「土からのエネルギー」のお陰。

友人に薦められ、家庭菜園づくりに没頭した。

次第に、自分を取り戻し、深い呼吸ができるようになり、恐怖感が消えていった。

鬱回復

20年前、鬱を患い、自宅療養をしていた頃

庭に花を植え、土に触れた。

土からのエネルギーに加え、カラフルな花々が心を癒してくれた。

初めは、目の前に咲いている花に色を感じることはなかった。

それでも、仕事復帰をすることができるまで、回復することができた。

土を触り、植物に癒され、心は回復していくことを何度も体験してきたのです。

癒しのはるむい構想

造る目的

  • 癒しのはるむいを訪れる方々が、癒される場所にする
  • 土に触れる体験ができる場所にする
  • 歩く瞑想コースで、「今、ここ」を感じることができる
  • 野菜や果物を育てることで、自給自足に近い生活の体験
  • 地球にやさしい自然農の探求の場所にする

ここで出来ること

繋がれる場所

  • 癒しのはるむいを解放し、人と人を繋ぐ
  • 「皆のはるむい」というイメージ

働く瞑想

  • 畑の作業をしながら、働く瞑想を実践

歩く瞑想

  • 歩く瞑想コースを使って、歩く瞑想の実践

持続可能な農法

  • お金のかからない持続可能な農法を取り入れ実践
  • 失敗体験も共有していく
  • 収穫体験も共有していく

お話聴くよ

  • 癒しのはるむいの高いエネルギーの中で、お話を聴く場所として活用する

ドネーション運営

はるむい造りの管理・運営は、ドネーションでやって行く予定です。

詳細は、都度お知らせします(*^^*)

はるむい造りに賛同いただける皆さま、ドネーションをどうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️⤵️

これまでの活動を動画で

2020年12月に初めての試みで、結マール隊が来てくださいました。

ありがとうございました<(_ _)>

一歩踏み出した様子です。

さいごに

イメージできることは、全て実現できること!

「癒しのはるむい」

訪れた人たちが、元気復活できる場所

子どもから大人まで

皆がわくわく集える場所

素直に自分の心と向き合える場所

そんな場所を造ります!

造るのがゴールではなく、人が訪れて色んなことが循環していくことがゴール

そんな「癒しのはるむい」の活動を一緒にしてくれる方いませんか~

連絡、待ってまーす🎶

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です