50肩発症!治療① 経験談:コロナ禍だよ!どうする?!

50肩

沖縄やんばるに住み、心のサポーターとして活動しているnaokoです。

 

コロナ禍に、生まれて初めて50肩になりまして

睡眠中の激痛に耐え切れず、整形外科を受診したのは、「沖縄県緊急事態宣言」が解除された5月末

4ヶ月近く、ほっといたあげく

激痛で眠れなくなってから、受診するという

まぁ、コロナ禍の初期でしたから・・・

経過

2019年

12月頃・・たま~に右肩に違和感

2020年

1月頃・・・たま~に左肩に違和感

2月頃・・・なんだか着替えがしにくい

3月頃・・・両腕が上に上がりにくい

4月頃・・・着替えのとき、肩に激痛走る

この頃から、生活に支障が出始める(;゚Д゚)

5月中旬・・・夜、寝られないほど、両肩に激痛

それでも、ほっといた”(-“”-)

我慢の限界!

5月下旬・・・整形外科へ (´-`).。oO

整形外科受診

レントゲン・MRI検査・診察の結果

医者:○○に異常なし

医者:○○に異常なし

医者:ここも正常

医者:結果

50肩

医者:(にこにこしながら)50肩ですねぇ~✨✨

私:いやいや、先生!私、50になったばかりで…私が50肩になるはずないんですけど・・・先生ー、この肩、抜けてませんかー!?

ヾ(≧▽≦)ノと訳のわからないことをいい。

治療が始まりました。

通院中の処方&治療

処方

治療開始2週間

  • 痛み止めの飲み薬処方あり

⇒初期の頃だけ、出かける用事のある時に飲んだりしてました。

治療開始4ヵ月頃

  • シップを処方

⇒夜~就寝~朝まで、使用すると痛みが緩和され寝やすくなりました。

治療

✩医師による治療

1ヶ月間は

  • 毎週診察&注射(痛み止め少々とヒアルロン酸のミックス)

2ヶ月めから

  • 2週に1度の診察&注射

4ヵ月めから

  • 3週に1度の診察&注射

✩理学療法士による施術
  • 5ヵ月間、週1実施。(皆勤賞)

通院5ヵ月後の症状

科学的見地から、お医者さんに診ていただき

理学療法士と何気ない会話をしながらの施術5ヵ月後

  • 夜の激痛がなくなった
  • 両腕とも、ある程度上にあがるようになった
  • 生活に支障をきたす範囲が減った
  • 日常生活をしながら、腕が抜けるような感じの激痛はなくなった

が、まだ完治にはいたらないので、リハビリを継続しながら、もうしばらく50肩とお付き合いいたします(*^^*)

治療開始5ヵ月で卒業する決意!

激痛が改善され、少し、腕が上がるようになった頃(通院3か月頃)

ふと、思いました。

私、50肩は、理学療法士と医者が治してくれると思ってないか?

理学療法士さんは、とても優しいし、何より、痛気持ちいい力でマッサージのように、施術してくださる。。。そして、人間味あふれる治療家

お医者さんは、私の意向もくみ取ってくれ安心感を得られる。

そんな折、ふと早川先生(今は亡き京都のお医者さま)の声が心をかすめる

「病気は、患者が治すもの!」

ひー

依存してはいけない!

私は、お世話になっているお医者さんと理学療法士さんに

通院4ヶ月め頃から、

「5ヵ月で、卒業します!」

「自分でリハビリ頑張ります!」

と宣言し、整形外科を卒業することになりました。

悪化するようなら、また診てもらうというご相談はいたしました。

そんなおり、「神経筋無痛療法」の技術をもっている理学療法士に出会います。

「小波津式神経筋無痛療法」については次回のブログへ▷

こんなときに、気をつけたいこと

「肩が痛くて…」

「今、腕が上がらないんです~」

というと、時々言われたりする

「肩になんか憑いてるんじゃない?」

「気を付けてね」

えー!!ビビるー!!

けど、ここはひとまず、落ち着いて

スピ系だけに走って、お金ぼったくられてはいけません!

私の信条は

「医者半分。ユタ半分」

だから、まずは、医者からー!!

50肩

背伸びができるように、なりたい(´-`).。oO

さいごに

眠れぬほどの肩の激痛から、5ヵ月。

順調に回復に向かっております。

ここでも、出会えたお医者さまや理学療法士さん、看護師の皆さま、皆いい方ばかりで、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

コロナ禍でも、激痛を我慢していたら、悪化します~!

肩の痛みがある方!まずは、整形外科にいきましょう!(当たり前かな?!)

原因がわかれば、次へ進めます(*^^*)

 

小波津式神経筋無痛療法」についてはこちらから▷

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です