ゆうちょ銀行通帳の作成の規約変わってますよ~😆

今、神奈川県にいます(^-^)/🌸

ここで、息子のゆうちょ銀行通帳を作成しようと思ったら……(゜ロ゜;

規約が変わってて 作れなかった(/–)/

以前は、親が子供のゆうちょ銀行通帳を簡単に作れたのだが……

現在は、オレオレ詐欺など様々な犯罪から守る為、子供の通帳を保護者(親)でも、簡単には作成することが出来なくなっている😆

知らなかった~😭

上の子の時は、親が簡単に作成出来たのに~(/–)/

とっても親切な受付の方が、色々と教えて下さいました。ホントにありがたかった。他所の土地に来て、親切にされると身に染みる……

子供のゆうちょ銀行通帳の作成での学び

1,子供本人が通帳を作成する場合

基本、子供本人の身分証明書になる、運転免許証か、パスポート、もしくは、写真付きマイナンバーカードを持って本人が窓口に行けば作成できる。登録印鑑必要。(未成年の場合親のサインも必要かも?!)

2,親が子供の通帳を作成する場合

✳保険証、学生証(写真付きでも)は、身分証明書にならない。とのこと。👀❗

🌟子供の保険証+子供の住民票+登録印鑑が必要

🌟子供の学生証+子供の住民票+登録印鑑でもいい

そして、通帳が作成されたら、身元確認の為、その通帳は、住民票に載っている住所への郵送となる。

✳カードは、2週間後に住民票に載っている住所へ届けられる。

3,ゆうちょ銀行通帳は、1人一冊しか作成出来ない!

実は、上の子供逹は、ゆうちょ銀行通帳を2冊作成している。そんなことが、今までは出来たのに……

と⭐こ⭐ろ⭐が……

親切な受付の方との会話

「2019年4月1日から2冊作れないことになったんですよ。」

「えー!昨日から?じゃあ、3月までは、作れたのですか~?」

「そうなんですよ。」

(O.O;)(oo;)(/_;)/~~

数日で運命が変わる😱(そんな大袈裟な事ではないが)

「上の子供逹は、2冊持ってるんですが、大丈夫ですか?」

「以前に作られた方は、大丈夫なんです。」

そうなんだ……なんだか、浦島太郎になった気分でした(^_^;)))

世の中、日々進化していることを痛感。

こんな時、いつも浮かんでくる言葉

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』ダーウィン

関東は、寒波の中、🌸が咲いている。

 

※お断り…ここに記載した内容は、ゆうちょ銀行の規約を調べたものではありません。もしかしたら、間違っているかもしれません。今回、説明を聞いて、私が理解した内容として記載しています。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です