死にたいと言われたら・・・対応どうする?〈 前編 〉【うつ病と自殺と自傷についての講演会より】

『小渡里子さんを支援する会1周年報告会&学習講演会』(主催:小渡さんを支える会)へ参加してきました。

学習講演会は、蟻塚亮二氏(精神科医)による

演題

「現代のうつ病・その傾向と対策ー松本俊彦著『もしも死にたいと言われたら』より」

 

レジメのタイトル

「うつ病と自殺と自傷」についての勉強会

でした。

主催者のご厚意により、ブログへの掲載を承諾いただきましたので、学びをシェアしたいと思います。

こんな方々に届きますように!

『うつ病・自殺・自傷』で苦しまれている方を

  • 今、サポートをなされている方
  • 今、サポートの仕方がわからない方
  • 今、サポートをする中で苦しんでおられる方
  • 今、この情報が必要な全ての方々 へ

※私個人の解釈が入っている部分もあるかもしれません。情報の一つとして、受け取っていただければと思います。

講師紹介

蟻塚亮二(ありつかりょうじ)⦅精神科医⦆

1947年福井県生まれ。72年、広前大学医学部卒業。85年から97年前で、青森県広前市の藤代健生病院長を務めた後、2004年から13年まで沖縄県那覇市の沖縄協同病院などに勤務。13年から福島県相馬市の「メンタルクリニックなどみ」院長を務める。

著書

「うつ病を体験した精神科医の処方せん」(大月書店 05年)

「統合失調症とのつきあい方」(大月書店 07年)

「沖縄戦と心の傷 トラウマ診療の現場から」(大月書店 14年)

「3・11と心の災害」共著(大月書店 16年)

うつ病とは

うつ病とは・・・

  • 「もっとよく生きたい」から発熱して闘っている状態

うつ病になるということは・・・

  • 生きる執着があるという意味

うつ病と自殺の関係

  • うつ病=自殺 ではない。

⇓⇓⇓

  • セーフティー地域があれば自殺する人は減る!

自殺に共通する特徴

  1. 問題解決(になると思っている)
  2. 一切の意識活動の停止
  3. 動機は耐え難い精神的苦痛
  4. 絶望と無力(絶望感と無力感でいっぱい)
  5. もっとよく生きたいが、出来ない自分がつらい
  6. 苦痛からの脱出(ができると思っている)
  7. 他人に対するメッセージ

自殺未遂者への対応

1.告白してくれたことに感謝すること

2.「自殺はいけない」と言ってはいけない。

※「死ぬな!」と言ってはいけない。⇒「大変だね。」と共感してあげる方がいい。

※自殺未遂者は、死にたいほど辛いのです。

3.「自殺」というストレートな表現を用いる

4.聴くこと

5.質問と明確化

※何で死のうと思ったのか。何が苦しかったのか。を聴くこと。

死にたいほど辛いが

その問題が解決されれば

本当は生きたいのです!!

非自殺性自傷に対する基本

非自殺自傷・自傷行為の捉え方

  • 「生きるためにやっている、対処技術」になっていると捉える

体験者からの声

自傷行為は、危険なこと。

でも、決してそれは、自分が弱いからではなく、苦しくて苦しくてどうしようもなくて、でも、どうにかしたくてやってしまったのだと思います。

「自分を責めないで!」

本質

本質は・・・

  • 助けを求めないで苦痛を緩和すること

非自殺自傷・自傷行為への対応

かける言葉

  • 「そんなに苦しかったんだね」
  • 「あなたは、生きようとしたんだね」と支える
  • 「よく来たね」
  • 「語ってくれて、ありがとう」
  • 「言えたことが賞賛に値する」

と支持する。

肯定的な側面を伝える

  • 「自傷によりつらい感情がおさまるんだね」
  • 「そうやって毎日生き延びてきたんだね」

慣れに対する懸念を伝える

  • 慣れてエスカレートしていってしまうこと
  • 慣れに対する懸念を伝える

♥難しいなぁと思いました。特に近い関係にある場合、感情が先にきてしまいそうで、上手く伝えられるのだろうか。専門家に繋げられることを願います。

自傷行為者に対する目標

  • やらないことではなく、人に言えるようになること
  • SOSを言えること

楽に生きられるのだったら

生きたい!

と思っているのです!

実は、私たちも・・・

実は、私たちも自傷行為をやっているんですよ~

  • 派手な化粧
  • 飲酒
  • 辛いカレー
  • 高速運転 など

松本俊彦氏(精神科医)のデータより

 「死にたい」と思ったことのある人は、一般人口の20%

 「死にたい」にマイ人生哲学はいらない・・・「神学論争」はいらない

※援助者は、自分の人生哲学を語ってはいけない。

※ひたすら相手の話を聴くだけ

 「死にたい」と言えるのは・・・つらさが少しでも和らぐならば「本当は生きたい」と思っているから

※苦しみが楽になるかもしれないと思っている証拠

 「死にたい」と言える関係こそが自殺予防に資する

※日頃から「死にたい」と言える関係を作っておくことが大事

メモ書き

  • 心が凍っているときは、泣けない。

⇒心があたたかくなったときに、人は泣ける。

  • 「今」を肯定できること。

⇒ハイタッチができる関係

⇒今、ハイタッチができる行為に目を向ける。

  • 生きているだけでいい。生きているだけで素晴らしい!
  • 沖縄には、「ヌチドゥ 宝」(命は宝)という言葉がある。

⇒赤いオープンカーに乗り、祝ってもらえる文化、カジマヤーのお祝いがあって素晴らしい!

まとめ

「「せっかく、うつ病になったんだから本を書け!」と言われて『うつ病を体験した精神科医の処方せん』(大月書店 05年)を書いたんだ。」

というユニークな先生で、笑いを交えた学び深い講演会でした。

ご自分がうつになった経験があるからこその言葉には、説得力がありました。

また、

戦後の沖縄の人々の心のケアをするために、沖縄に移住し心のケアをなさった行動

東日本大震災(3.11)後は、福島県相馬市に飛び、心のケアをなさり続けている行動

スゴイなぁと思いました。

続きは、後編として

『当事者の方々への提案』と『Q&A』を書きたいと思います。

後編書きました▷

 

長い文章になりました。

最後まで、お読みくださり、ありがとうございました<(_ _)>

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です